HOME>注目記事>アルバイトをするならば仕組みや種類を理解しておこう

塾の種類によって異なる

教師

塾アルバイトを派遣する業者もありますが、仕事内容はその学習塾によって異なるところです。一般的には、集団授業が行われていますが、この集団授業のところは講師が複数の生徒を相手に指導する形になります。どちらかと言えば、学校のような形になるかもしれませんが、昔のように1つの教室に20人から30人の生徒がいるわけではありません。多くても15人前後で、最近は10人未満で授業をしているところも多いです。一方で個別指導の場合は、生徒が1人に対して先生が1人の場合もありますが、生徒が2人から3人に対して先生が1人のパターンもあります。これは学習塾のスタイルによって違うため、事前に確認をしておいた方が良いかもしれません。

登録してから行き先が決まる

塾アルバイトの派遣に関しては、まず登録をするところからスタートする必要があります。登録をする場合でも、必ずしもスタートしなければいけないわけではありません。まずは登録をしておき、自分でどこにするか選ぶことも可能です。場合によっては、家から離れた所に配属になるかもしれませんが、あまり遠いところや交通が不便なところは断っても問題ありません。ただし、あまり断りすぎると仕事が来なくなってしまうため注意が必要です。3回に1回ぐらいは、良い返事をするようにしましょう。

期間限定となる

塾アルバイトの派遣においては、1回派遣された場合しばらく仕事をし続けることもできますが、基本的には期間限定で行うものです。大抵の場合、一度派遣されたら1年以上続けることになります。本人の退職希望などがない限りは続けるのが普通です。ただ、1つのところに派遣された場合でも、3年以上続けるケースはあまり多くありません。中には3年を超えることもありますが、おおむね3年以内に辞めてしまうかもしれません。この場合でも、特に契約違反にはなりません。

内部1テキストリンク1

内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキストPr_linkテキストリンク内部1-1

内部1テキストリンク2

内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキストPr_linkテキストリンク内部1-2

内部1テキストリンク3

内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキストPr_linkテキストリンク内部1-3

内部1テキストリンク4

内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキストPr_linkテキストリンク内部1-4

内部1テキストリンク5

内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキストPr_linkテキストリンク内部1-5